社内SEの年収はどれくらい?

Posted on by IT奴隷

社内SEとして仕事をしたいと考えた場合、気になることの1つに年収があると思います。
転職を機会にして、年収アップを狙うことも可能ではありますが、必ずしも年収がアップするとは限りません。
それは同じ社内SEであっても就業をする業種や企業によって収入に差があるからです。
場合によっては、同じような内容の仕事であっても年収が2倍以上異なるという可能性もあります。
ですから、就業をする業種や企業に関する情報はしっかりと調べておく必要があります。

社内SEの仕事は直接利益を生み出す仕事ではありません。
事務職と大差がないのです。
利益を生み出すためのサポート体制を整えるという感じの仕事でもあるので、社内SEの収入がものすごく高いということはほぼないでしょう。
一般的な会社員と代わりがありません。

また古い体質の企業の場合には年功序列制度を導入しており、勤務年数によって昇進をして、給与もアップするという形式を採用しているところもあります。
そうなると、転職したばかりの頃というのは、年収もそんなに期待をすることはできない、ということになります。

相場としては、20代後半で約400万、30代前半で450万前後、30代後半で約500万と言われています。
物凄く年収がよいというわけではないことが分かるでしょう。
また転職をした場合にはその人のキャリアなども考慮されることがありますい、ハイレベルなIT関連の資格を取得している場合、その資格が給与に反映されることもあります。
そうすると、年収も少しは高くなる可能性があります。
そのシステムも企業によって異なってくるので、確認をしておくとよいでしょう。
IT関連の仕事をしている人であれば、誰もが取得しているような資格では意味がありません。
取得することが困難な資格のほうがよいです。

忘れてはいけないのが社内SEは専門職ではないということです。
IT関連の知識を持っていても、専門職ではないので、その能力を十分に発揮することが出来るかどうか、というのは就業をした企業によっても異なります。
未経験の業界の社内SEになった場合には、その業界の知識を勉強しなければいけませんし、かなり大変です。
その割には給与に反映されないということもあります。
収入面についてはよく理解をした上で就業をしたほうがギャップも感じることはないでしょう。

企業によっては頑張った分だけ給与に反映されるシステムを導入しているところもあります。