IT業界の社会悪『多重請負』とは?

Posted on by IT奴隷

IT業界にはびこる下請構造

IT業界では、大手の「NEC」「富士通」「NTTデータ」「日本IBM」といったシステムインテグレータが大きな案件を受注します。しかし、彼らは内製でそれらの案件をこなしている訳ではなく、営業・コンサルタントといった上流工程を担当し、実際の実装工程は下請会社へ発注することが少なくありません。ここで言う「実装工程」とは、機器類の設定・設置からプログラミングまで、多様に渡ります。

なぜIT業界の多重請負が問題視されるか

IT業界の多重請負にはいくつか問題を抱えており、代表的なものを紹介します。

エンジニアが交換可能なモノ扱い、故にエンジニアが育たない

ある元請け企業では、下請け企業のエンジニアを資材部で管理します。よって、モノとして扱っており、トラブルが発生した際には、工数を埋めるべく代わりのエンジニアを要求します。
このようなエンジニアは非人道的な環境で労務しており、スキル不足やパワハラ、不適切なマネジメントといった結果からメンタルを病んでしまうエンジニアも多く、また適切なトレーニングもされず現場に投入されるため、「実際に自分たちが何をしているのか」を理解できず、結果としてエンジニア自身のスキルが育ちません。

多重請負の末の「客先常駐勤務」

多重請負契約の中で、勤務先を客先常駐としている契約が多々あります。これにより、何層にわたっても元請け企業もしくは中間の企業の現場に毎日「出向」する事になります。実質それらは派遣と何ら変わらず、平成27年度から「特別労働者派遣事業者」(通称:特派)については法改正が始まっています。
その他、労働基準法・職業安定法といった法のグレーゾーンが「客先常駐勤務」です。

中間搾取により、エンジニアが適切な対価を得ることができない。

さて、多重請負と言いますが、もちろん1階層(通称:1枚)噛むことにより、中間マージンを引かれる事となります。例えば3枚噛んだ例として、元々の金額は60万円のところ、末端のエンジニアには月額20万円しか支払われなかった例があります。
多くの場合、人月工数(1人が1ヶ月でどれだけの時間仕事をするか)をベースに計算されるため、同業他社間で価格勝負となる事が多く、単価の安い業者に仕事が流れやすくなります。よって、エンジニアとは言えど素人同然の人物が組み込まれる場合も多々あります。

おわりに

多重請負は日本独自の産業構図であり、エンジニアを使い潰し続ける形であることは確かです。また、できるエンジニアには客先での営業(同業他社から案件を奪うこと)も課せられ、余計にプレッシャーとなっています。
これらをぬけ出すためには、やはり自身の技術力を身につけ広い視野で見渡すこと、必要であれば同業他社でのポジションを探すことも必要です。

Featured: IT奴隷の転職先は社内SEが鉄板な理由

Posted on by IT奴隷

IT奴隷、思い当たったら転職を!

IT技術者不足とマスコミで取り上げられ、話題にもなりましたが、実際欲しいのはIT土方なのではと怒り心頭の方も多いはずです。

下請け、孫請けでは少ない給与で残業は当たり前。もちろん残業代は出ません。終電が無くなって常駐先の近くて寝泊まり、下手すると会社から外に出ていないと言う方もいます。

客先常駐だと多重下請けなので自社の名刺も出せません。名刺は仕事をする上での自分のアイデンティティーを主張するような物です。それが出来ない、単に仕事だけをすればよい透明な存在。

挙げ句の果てに常駐先のマネージャーより年齢が上になると煙たがられて派遣先もなくなり使い捨て。

一生懸命仕事をしているのにこんな奴隷のような扱いは誰も受けたくないですよね。好きこのんでIT奴隷になる人材は少なく、だから技術者不足などと言われます。給与を上げ、正当な労働者の権利を与えれば技術者不足なんて解消されるのに不条理を感じてしまいますね。

IT土方は精神的にも体力的にも長く続けるべき仕事ではありません。スキルアップやキャリア形成もできずにいずれは仕事さえもなくなってしまいます。

少しでも負担を感じているならば転職の準備をすべきではないでしょうか。

社内SEに転職したい!社内SEのメリットデメリットとは?

社内SEのいいところってどこなのでしょうか。
やっぱり「楽」という話もありますが、本当にそこだけなのでしょうか。

IT土方でよく聞くのが仕事にやりがいが無いということ。多重下請けだとエンドユーザーの顔なんか見れないわけです。自分の仕事が評価・感謝されていると実感することがありません。
その分給与が多いかと言ったらその逆なのです。

よく介護の業界とIT土方の状況は似ていると比喩されることがあります。必ず誰かがやらなければならない仕事であるのに過酷の上に薄給で誰もなりたがらないのです。介護業界においてはあまりの人材不足から海外からの人材を受け入れするようになりました。

IT業界もこのままだとそのようになっていってしまうのかもしれません。

一方「社内SE」はというのは、基本的に自社の情報システムの企画、管理、運用を行う仕事です。そのため自分たちが誰のために仕事をしているのかが明確でその評価も身近なとことからダイレクトに得ることが出来ます。また、残業が少ないと言うことも社内SEのよいところです。

デメリットを上げるとしたらある程度のシステムができあがってしまうとそれ以上の技術力を求められることが少なく、スキルアップへの向上心が失われがちだと言うことです。
つまりマンネリ化してしまうのですね。

また、特に中小企業ではちょっとしたパソコンのトラブルやソフトの使い方などで呼び出されることも多く、便利屋さん的な存在にもなりがちです。システムトラブルが起こった時も慌てふためくのは自分たちだけで、他の部署の人たちはそれを横目にさっさと帰ってしまうという切ない経験をされた方もいます。

とはいえやはり社内SEはITという観点から企業を支えることが出来るので中小企業では経営的な要素にも関与していきたいと考える方に向いていますし、IT戦略の企画などエンドユーザーの顔がわかる上流工程の業務を目指す方にも適しています。

社内SEの転職先を探す

社内SEの需要は主にIT企業ではない異業種の情報システム部門や自社開発エンジニアとなりますが、求人広告などで公開されている企業情報や仕事内容からは実際の携わる工程や部署など詳細を理解するのは実はとても難しいのが現状です。

そのためせっかく社内SEに就職しても自分の想像とギャップがあったと言うこともしばしばあります。転職するためには求人サイトの活用は必須ですが、まずは自分がどういった仕事をしたいのか、働く会社の規模など自分の希望を明確にすることが重要です。

Continue readingIT奴隷の転職先は社内SEが鉄板な理由