社内SEの志望動機

Posted on by IT奴隷

面接の際にどのような仕事、企業への転職であっても、志望動機を聞かれることはごく一般的なことです。
志望動機がよく分からないと採用をすることが出来ないということもあります。
社内SEに転職をしたいと考えた場合、志望動機でタブーとなっている言葉はどんなものがあるのでしょうか?

もちろん、「楽だと聞いたので」「収入がよいと聞いたので」ということは志望動機としては好ましくはありません。
社内SEの仕事の志望動機というよりもその企業を選んだ志望動機をキチンと話すことが出来るように準備をしておいたほうがよいです。
社内SEであれば、どこの企業でもよいというようなニュアンスになってしまうと、マイナスのイメージを与えてしまうことになるので、十分に注意をしましょう。

また社内SEの仕事がしたいということは分かりますが、社内SEにこだわりすぎて志望動機を考えると、「じゃあ、どこの企業でも社内SEの仕事が出来ればよいのか」ということになってしまいます。
ですから社内SEにこだわった志望動機にしないほうがよいでしょう。

志望をする企業への意欲が見えるような志望動機を考える必要があります。
明確ではないと印象も悪くなってしまうので、この人材を魅力的に感じるような回答が出来るように準備をしておくことも必要です。

面接の際に「なぜこの会社を選んだのか?」と聞かれることは想定できますが、中には「なぜこの業界を選んだのか?」と聞かれる場合もあります。
そうなると、回答に困ってしまうという人もいるかもしれません。
その業界の専門知識も必要となる場合もあるので、業界全体のことも回答出来るように調べておくことも必要です。

社内SEに求められるのは、専門的な知識や技術であることが多いです。
また上昇志向がある人のほうが、仕事への意欲も高いということがあるので、やる気を感じさせるような志望動機を伝えることも必要です。
今はインターネット上で社内SEへの転職を支援してくれる専門のウェブサイトもたくさんありますが、模範解答そのままにしてしまうと、オリジナリティがないということになってしまうので、自分の言葉で伝えることも大事です。
模範解答を参考にして、そこから自分の言葉を考えていくことが必要です。

どんな仕事が出来るのか、自分のスキルを生かすことが出来るのか、ということもじっくり検討をした上で転職活動を行っていかなければ失敗をしてしまうこともあります。