Featured: IT奴隷の転職先は社内SEが鉄板な理由

Posted on by IT奴隷

IT奴隷、思い当たったら転職を!

IT技術者不足とマスコミで取り上げられ、話題にもなりましたが、実際欲しいのはIT土方なのではと怒り心頭の方も多いはずです。

下請け、孫請けでは少ない給与で残業は当たり前。もちろん残業代は出ません。終電が無くなって常駐先の近くて寝泊まり、下手すると会社から外に出ていないと言う方もいます。

客先常駐だと多重下請けなので自社の名刺も出せません。名刺は仕事をする上での自分のアイデンティティーを主張するような物です。それが出来ない、単に仕事だけをすればよい透明な存在。

挙げ句の果てに常駐先のマネージャーより年齢が上になると煙たがられて派遣先もなくなり使い捨て。

一生懸命仕事をしているのにこんな奴隷のような扱いは誰も受けたくないですよね。好きこのんでIT奴隷になる人材は少なく、だから技術者不足などと言われます。給与を上げ、正当な労働者の権利を与えれば技術者不足なんて解消されるのに不条理を感じてしまいますね。

IT土方は精神的にも体力的にも長く続けるべき仕事ではありません。スキルアップやキャリア形成もできずにいずれは仕事さえもなくなってしまいます。

少しでも負担を感じているならば転職の準備をすべきではないでしょうか。

社内SEに転職したい!社内SEのメリットデメリットとは?

社内SEのいいところってどこなのでしょうか。
やっぱり「楽」という話もありますが、本当にそこだけなのでしょうか。

IT土方でよく聞くのが仕事にやりがいが無いということ。多重下請けだとエンドユーザーの顔なんか見れないわけです。自分の仕事が評価・感謝されていると実感することがありません。
その分給与が多いかと言ったらその逆なのです。

よく介護の業界とIT土方の状況は似ていると比喩されることがあります。必ず誰かがやらなければならない仕事であるのに過酷の上に薄給で誰もなりたがらないのです。介護業界においてはあまりの人材不足から海外からの人材を受け入れするようになりました。

IT業界もこのままだとそのようになっていってしまうのかもしれません。

一方「社内SE」はというのは、基本的に自社の情報システムの企画、管理、運用を行う仕事です。そのため自分たちが誰のために仕事をしているのかが明確でその評価も身近なとことからダイレクトに得ることが出来ます。また、残業が少ないと言うことも社内SEのよいところです。

デメリットを上げるとしたらある程度のシステムができあがってしまうとそれ以上の技術力を求められることが少なく、スキルアップへの向上心が失われがちだと言うことです。
つまりマンネリ化してしまうのですね。

また、特に中小企業ではちょっとしたパソコンのトラブルやソフトの使い方などで呼び出されることも多く、便利屋さん的な存在にもなりがちです。システムトラブルが起こった時も慌てふためくのは自分たちだけで、他の部署の人たちはそれを横目にさっさと帰ってしまうという切ない経験をされた方もいます。

とはいえやはり社内SEはITという観点から企業を支えることが出来るので中小企業では経営的な要素にも関与していきたいと考える方に向いていますし、IT戦略の企画などエンドユーザーの顔がわかる上流工程の業務を目指す方にも適しています。

社内SEの転職先を探す

社内SEの需要は主にIT企業ではない異業種の情報システム部門や自社開発エンジニアとなりますが、求人広告などで公開されている企業情報や仕事内容からは実際の携わる工程や部署など詳細を理解するのは実はとても難しいのが現状です。

そのためせっかく社内SEに就職しても自分の想像とギャップがあったと言うこともしばしばあります。転職するためには求人サイトの活用は必須ですが、まずは自分がどういった仕事をしたいのか、働く会社の規模など自分の希望を明確にすることが重要です。

また、転職活動において現在のスキルや培ってきた業務、10年後どういった仕事をどのポジションで行っていたいかなど自己分析をすることは必要不可欠な作業です。

自分の強みや他者よりも秀でた能力などが明らかにならなければ企業に自分を売り込むことができません。しかしそういった自己分析も自分一人で行うと主観的になり、企業側の視点やニーズを感じ取りにくくなります。

採用するのは企業側なので企業側の視点はとても重要です。このようなときに頼もしいのが転職エージェントです。転職エージェントはコンサルタントが求人を精査して紹介してくれるため、コンサルタントとの関係が必須で連絡も頻繁にとらなければなりません。
このやり取りが煩わしいと転職エージェントの登録に二の足を踏む方も多いと言います。

しかし、求職者のキャリアを企業側の視点からも分析してくれますし、求人企業の社内風土や実際の現場の下見、マネージャーと打ち合わせや意見の聞き取りをしてくれるので、企業と求職者のミスマッチを最小限に抑えることが出来ます。

また、コンサルタント自身もIT業界や、社内SEの業務に精通しており、企業の動向も事細かに把握しています。企業の景気が良くなればIT部門への投資、増強がありますのでそういったタイミングを逃さずにもたらしてくれるのが転職エージェントです。

マイナンバー制度が始まり、今後しばらくはさらに求職者の売り手市場になります。転職を検討しているならばこのタイミングが好機です。

コンサルタントとの相性や営業を書ける企業にも偏りがありますのでいくつかの転職エージェントを併用するのが一般的です。
IT土方を脱し、社内SEへの一歩を踏み出しましょう。