社内SEへの転職

Posted on by IT奴隷

システムエンジニアとして仕事をしていると、マンネリ化をしてしまい、新しいことにチャレンジをする機会を設けることが出来ない、ということがあります。
同じ企業の中であっても社内で異動をすることによって、転職をしたかのような新鮮な気持ちになれることもありますが、誰もがそのような経験をすることが出来るわけではありません。

システムエンジニアという大きな括りではなく、社内SEということで転職を考えてみるのもいいかもしれません。社内SEは社内のシステム構築をすることが主な仕事です。

社内と言っても様々な業種があります。金融関係や医療関係の社内SEともなると、IT関連の知識だけではなく、金融や医療の専門的な知識も求められます。ですからかなり大変にはなるのですが、収入もよくなりますし、やりがいも得ることができるでしょう。

他にも建設系の社内SEがあります。CADなど専門的な知識、技術が必要となるので、これも建設に関する情報を習得しておく必要があります。

社内SEへの転職を考えている場合、専門の転職サイトを利用してみるとよいでしょう。専門の転職サイトであれば、細かいところまで条件を指定することができますし、支援をしてくれるシステムも整っているので、安心して任せることができます。

社内SEの需要が高いため、専門の転職サイトの数も増加をしています。多くの情報を収集するためには、複数の転職サイトを利用して広く情報を集めるとよいでしょう。

自分のスキルを入力しておくだけでスカウトを受けることが出来る転職サイトもあります。社内のシステムを整えたい、新しくしたいという場合には専門知識を習得している人材が求められます。

エンジニアとして就業をしていて、その後社内SEに転職をした人の体験談などもインターネット上で掲載しているところもあるので、参考にしてみるのもよいでしょう。
SE転職先の選び方~常駐SE辞めて人生変える方法【SE転職ちゃんねる】

転職サイトも様々な視点からチェックをすることが出来るようになっているので便利ですし、自分が希望をするような求人情報を見つけることが出来るようになっているので、社内SEへの転職を考えた場合には、まず自分の最低限の条件を書き出し、その条件に合う求人情報を複数の転職サイトを利用して探していくとよいでしょう。スカウトされれば、自分のキャリアを高く買ってくれる企業があったということにもなるので、やる気も出てくるでしょう。長く勤務をする転職先を見つけることができるかもしれません。